前へ
次へ

アクセサリーの葬儀マナーとして選ぶべきは真珠

キラキラした小物を女性は好むので、輝くようなピアスをしたりネックレスを付けたり、アクセサリーを思う存分楽しんでいます。
でもカジュアルなお出かけとは異なり、葬儀に参加する際には葬儀マナーに適した、身につけるべきアクセサリーがあります。
華やかさやお洒落を競うシーンではないため、派手なアクセサリーを付けるべきではありません。
葬儀マナーとして葬儀で身につけるのが可能なアクセサリーは、上品で奥ゆかしい真珠のみです。
真珠は涙の象徴とささやかれるほどのヒント美しさがあり、ホワイトをはじめベージュに金色にグレーなど、意外と色の種類もあります。
色の種類はあるものの葬儀の席なので、控えめな輝きで派手になり過ぎないホワイトか、もしくはグレーを選ぶのが一般的です。
お悔やみの席への参列になりますので、真珠といっても色のついている、ピンク色や輝きがまぶしいゴールドは、身につけるにはふさわしくはありません。
選ぶ際にアコヤ真珠であれば、理想的な形状は美しいラウンド型です。

Page Top