前へ
次へ

長すぎる喪主の挨拶は葬儀マナー違反です

葬儀で一番大切な部分を占めるのは喪主の挨拶ではないでしょうか。
喪主の挨拶は家族葬でのあっても省略することができません。
天国に召されていった故人の長男が喪主を務めることが多いです。
これも葬儀マナーのひとつです。
男性の子供たちがいない場合には、長女が喪主を務めるということになります。
いずれのケースでも、 長女は長男に喪主になる資質がないとも認められる場合には、次男や次女が、長男や長女に代わって喪主を務めということになります。
喪主の挨拶でとても大切なのが、挨拶のタイミングです。
葬儀の流れを良く観察しながら、ここぞと思うタイミングを見計らって、喪主の挨拶をするのが良いのです。
喪主の挨拶は長すぎてはなりません。
時間にして3分くらいが適切です。
長すぎる喪主の挨拶は葬儀マナー反しますし、なによりその場を白けさせてしまう恐れがあります。
心のこもった真実の言葉で、天国に旅立たれていた故人を偲びながら、丁寧に挨拶をすれば、葬儀の参列者の中からすすり泣きが見られるものです。

Page Top