前へ
次へ

重ね言葉は葬儀マナーに違反します

男女にかかわらず私たちが葬儀に参加するときに注意すべきポイントがあります。
それは使用してはならない言葉があるということです。
葬儀マナーによれば、不幸の重なりを連想させるような言葉は使ってはなりません。
具体的にどんな言葉があるのでしょうか。
それには例えば、 「度々」「いよいよ」「しばしば」などの重ね言葉があります。
また使ってはならない言葉があります。
例えば、死ぬとか、消えるとか、落ちるとか言った言葉は死を連想させるので使わない方が良いといわれています。
葬儀で、そういう言葉を使うということは、葬儀マナーに反するということになります。
特に葬儀での挨拶の時に注意しなければなりません。
葬儀で挨拶が前もって予定されている人達は、自宅などで原稿を作成して、できればそれを胸のポケットにしまってから挨拶をするのが良い方法です。
大勢の葬儀参列者の前では、とても緊張するものです。
舞い上がってしまって、何を喋って良いのか分からなくなることもしばしばです。
そんな時には胸のポケットから原稿を取り出して、確認しながら挨拶をすれば良いのです。

Page Top