前へ
次へ

葬儀マナーで香典辞退と知らされているとき

冠婚葬祭においてはお金の受け渡しが一般的になっているときがあり、その時によっていくら包めばいいのかなどが気になるときがあるでしょう。
専用の袋なども用意されているので、渡すときにはルールに従って行う必要があります。
では葬儀マナーとして香典を辞退される式においてはどんな対応をすべきかです。
お通夜を人づてに聞いていくときなどは式場の入り口でそれを知るときもあります。
受付で渡そうとしても受け取ってもらえないでしょう。
参列する側としては弔意として香典をどうしても渡したい気持ちもありますが、葬儀マナーとしては遺族の意を汲み取るのを優先すべきとされています。
ですから辞退されたときにはそのまま持ち帰るのが一般的になります。
それ以外のルールとして親族同士のやり取りがあります。
一般の参列者と親族では遺族との関係が異なりますから、香典辞退をそのまま受け取らない方が良い時もあります。
受付では受け取ってもらえませんが、別途受け取ってもらえることがあります。

Page Top