前へ
次へ

遅刻しそうなときに知っておく葬儀マナー

日本は時間に厳しい国で、子供のころから遅刻をしないよう教えられます。
社会活動は時間を中心に行われることも多いので、社会生活をする上で決められた時間通りに動くのはルールと言えるでしょう。
もし遅刻をすると自分がその場にいられないだけでなく周りに迷惑をかける可能性も出てきます。
葬儀マナーとしても遅刻は厳禁の一つになっているのでできるだけ遅刻をしないよう十分余裕をもって準備をして式場に向かうようにしないといけません。
ただ遠方から式場に向かおうとするとどれだけ頑張っても葬儀中でないと間に合わないときもあります。
葬儀マナーとしては既に始まっていてもそのまま受付で手続きをして入っても構いません。
読経などが行われているときは静かに後ろの方の席などについて読経を聞くようにします。
遺族に挨拶などをしたいと考えるかもしれませんがもちろん読経中などに行うことはできません。
遅刻をすることが分かっているなら遺族の周辺の人から遺族に伝えてもらうと良いでしょう。

Page Top